商品情報にスキップ
1 / 15

逢季荘

時代 堀越焼 打掛釉 雲助(うんすけ) (大正期頃)

通常価格 $77.00
通常価格 セール価格 $77.00
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

 

この甕に口が付いた形を
運助(うんすけ)と呼び
主に九州地方で酒、醤油、味噌などの
貯蔵や注ぎにする為に使われていました。

今はもう廃窯となってしまった
山口県防府市にある堀越焼では
昭和の中期頃まで数多くの
うんすけを焼いており、瀬戸内海を
通じて九州や四国を中心とした
西日本に流通していたとされています。

こちらはそのうんすけの中でも
小さめの高さ約30cm程度の
丁度良い大きさで、
黒釉に特徴的な白い打ち掛け
が堀越焼の特徴を表しています。

状態も大きく目立つ傷も無く
持ち運びには重いですが、
庭や室内に水を入れて置いとけば、
傾けるだけで、水を注ぐ事ができる
かつての民衆に愛された形となります。


size:
高さ約31.5cm
口径内6.2cm

 堀越焼 打掛釉 雲助(大正期頃)
        10800-(送料込)

商品の問い合わせ

細やかな状態確認やご質問ありましたらコチラからお気軽にお問い合わせ下さいませ。

決済方法

各種クレジット・銀行振込・LINE Pay・Paypal・PayPay ・Apple Pay・Google Pay・コンビニ払い・ペイディ(後払い.分割払い)-対応しております。

送料について

送料は計9500円以上から無料となります。他商品も合わせてご検討下さいませ。 

(※クリックポスト・定形外・対応商品、デジタルコンテンツに関しましては金額に関わらず無料)

1 / 4