古美術

古伊万里 初期手高台付 松梅文 蕎麦猪口

古伊万里 初期手高台付 松梅文 蕎麦猪口

蕎麦猪口の中でもその味わい深さから多くの数寄者に愛され初期手と呼び習わされる高台付の古伊万里蕎麦猪口。松梅文として図録にも紹介されている絵付になります。波佐見産のものと推測されいくつか類品が見られる中でも生掛けが厚く独特な釉調に伸びやかで雅びな筆が走ります。普通の蕎麦猪口より一回り小さきサイズながらも、厚底でしっかりとした重みに酒盃や煎茶盃として重宝する大きさ。逆さから覗いた槍梅は蕾でまだ固く背面は香が薫るが如く花が散り、釉のヨレが景色を生んでいます。状態も口縁に釉削げが見受けられるほどでニュウや直しも無くこの手の中では良好な状態。その景色や仕上がりも含めてコレクションに値する蕎麦猪口といえるでしょう。size:高さ    約5.3cm口径 約7.2cm古伊万里 初期手高台付 松梅文 蕎麦猪口(江戸中期)商品の価格または詳細につきましては右下のチャットまたはDMからお気軽にお問い合わせ下さいませ。

研ぎ出し変わり塗 重箱 

研ぎ出し変わり塗 重箱 

渋い闇の中にうっすらと銀めく研出変わり塗の時代重箱。 他に類例を見ない品ですがその特徴から古津軽塗の紋紗塗と推測されます。表面は呂色漆に研ぎ出し技法にて磨きが掛かかり、その奥の黒漆から薄らと浮かび上がる総文は時代経年により更に古格ある表情を帯出しています。華美によりがちな装飾が多い時代重箱中で玄人向の仕上がりといえるでしょう。 多少の微アタリ、経年ありますが中の状態も良く実際に重箱としてご使用の頂ける品状態です。(一段の一箇所に裏まで通る線傷あり。)古い黒塗の時代箱がつきます。商品の価格または状態につきましては右下のチャットまたはDMからお気軽にお問い合わせ下さいませ。(江戸-明治前期)外径:奥行約23cm×横幅約22cm高さ:16cm(二段蓋込重ねた状態)   一段の内寸高さ 約6.5cm

李朝白磁塩笥 茶碗 (李氏朝鮮時代)

李朝白磁塩笥 茶碗 (李氏朝鮮時代)

李朝白磁の塩笥壺になります。少しグレーがかったいわゆる堅手にあたる釉調となりますが押しつぶされた様にへたれたながらも原型を留めたひしゃげた造形に惹かれる一品になります。どっしりとありながらふっくら優しい手取りも良く茶筅を振るのにも、良いサイズで、塩笥茶碗として見立てる事ができます。内側には轆轤跡が残り見込みにはできた兎巾を抑えた跡が梅紋様な景色を生み出し、スピード感のある作業で成形された事が推測されます。状態も大変良く高台に目土を外すとき出来たと思われる削げがあるくらいで、その他、ニュウ、ホツ、直し跡などありません。花器やそのまま飾っていても雰囲気のある壺といえるでしょう。 size:  高さ 約6.4cm直径 約11〜11cm口径内 約6.5cm 李朝白磁塩笥 茶碗 (李氏朝鮮時代)詳しい状態や価格はこちら又は各種DMからお気軽にお問い合わせ下さいませ。

矢作川上がりのミニチュア土器 盃

矢作川上がりのミニチュア土器 盃

矢作川流域出土のミニチュア土器になります。カーボンの入った川上がりの柔らかい白い肌に矢作川特有の薄手の造り洗われて残った口縁の造形など、小さいながらもその佇まいと存在感に惹かれる一品となります。酒器盃として取り上げるのにもベストなサイズですが、他の弥生土器などと同じく現状、土臭が少し致します。(匂いが気になる方は使用や煮沸を繰り返せば徐々に取れてきますので、そのようにご利用下さいませ。) 他、直し跡や目立つ傷も見当たらず時折、見かけるミニチュア土器の中でもひときわ目を見張る、姿見の良い土器といえるでしょう。矢作川上がりのミニチュア土器(弥生〜古墳初期)size高さ 約4.1cm口径 約3.7cm   -sold- 誠にありがとうございました。

バンチェン様式土器 (紀元前)

バンチェン様式土器 (紀元前)

現在のタイに位置するバンチェン遺跡は発掘される遺構からその起源は紀元前2.3000年頃まで遡るとされていますが、全容は未だに謎に包まれています。土器の年式的には黒陶刻線のものが古く彩色のものに移り変わっていきますが、こちらは、紀元前1000年〜100年付近のものと推測されます。発掘の土が少し残り下部に叩きの文様数あるバンチェン土器の中でも一段と厳しめのフォルムが魅力的です。口縁に小さなカケがあるくらいで他、状態良好です。花器としてはもちろんそのまま飾っても映える土器といえるでしょう。 ・バンチェン土器 (紀元前)  高さ約11.5cm詳しい状態や価格はこちら又は各種DMからお気軽にお問い合わせ下さいませ。